輝 2018version 質問回答 決めたことのみ実行する難しさ

Pocket

どーも ぷーさんです。

今回は輝 2018version を公開して早速 質問をいただきましたので、回答させていただきます。

 

質問内容

回の動画なのですが、まず最初に出てきたチャートで適当に選んだチャートでザックリ見て上昇トレンドからの下落トレンドの転換とおっしゃっていました、

その通り下落のトレンドが多かったと思うのですが、一度もショートエントリーしませんでした、これは何故でしょうか?

このチャートの場合ショートのほうが優位性があると思いました。
あくまでトレンド転換をとらえた手法にこだわった為のロング戦略だったのでしょうか?

 

ご指摘のとおり、今回の輝 2018version 本編の動画は

上昇転換のロングの場面だけにしぼってお伝えしました。

 

動画内で10回くらい(そこまで言ってないか・・)

繰り返し上昇転換のみと言っていたのですが、、、

 

話は伝わらないことが、当たり前ですので何回も動画を見てください、と私が口を酸っぱくして度々言うのはこのためですね。

 

ショートのほうが優位性があった相場とも違いますし。

そもそもロング&ショートどちらが優位性があった、とか比べること自体がおかしいです。どちらを狙っていたにせよ、優位性のあるポイントまで待てばいいだけの話ですから。

 

結果論を語るようでは、ダメトレーダー…

 

その結果、勝率が良かった・悪かった

というのはもちろんあるけど、それはただの結果論にすぎません。

 

ちなみに、

今回 輝 2018version 本編では上昇転換のみやりましたが、

輝 2018version 延長戦(私ぷーさんからの購入特典)ではショートもやっていますし、

光version2 の方では転換ロング&ショートはもちろん、転換場面以外もやっております。

 

 

話を戻しますと、

これと決めたらそれしかやらないことがトレードを続けていく上で非常に大切なことです。

 

これ以外はやらない、というルールがトレードには必要で、それを必ず守らなければならない

 

ルールを決めているのに ここも取れた!あそこも取れた!

とか、

やっぱり、あそこもやっておけば良かったのに〜

 

といっていたら、確実に変なところで手を出して結局損をだす・・のがトレードというものです。

多くの市場参加者が、そのような考え方で負けていますから、負け組と同じ思考で相場に挑んでしまっては結果はいわずもがな・・ですね。

 

そして、これも動画内で言っていたことですが、チャンスというのはいくら逃しても構いません。
大事なのはエントリーしたところに優位性があったか、ルールどおりに出来たかが大事なんです。

 

エントリーしまくってチャンスを逃さず取る!のが上手いトレーダーではありません。
自分の狙ったポイントまで、何があっても手を出さずに待てるのが、一流のトレーダーなのです。

 

やはり、基礎・基本がFXトレードでは大事

 

失礼を承知で厳しいことを言わせていただきますと、こういう質問がでるということは、トレードをする技術の問題の前に、トレーダーとして1番大切な基礎知識や心構えなどが足りないのだと思います。

動画内できっちりとそのことは話しております。

繰り返し動画をご覧いただければもっと理解を深めていただけるはずです。

 

そして大事だと思うことはしっかりメモを取ることをおすすめします。

動画を繰り返しみるのは時間がかかりますが、メモならそんなに時間を取らずに復習できますからね。

 

 

もうひとつ質問(というか要望)があります

続いてはちょっとなんだか、ほっこりする内容です。

 

質問 見送る部分の解説も…

 

もし機会があれば、利確や損切した動画ではなく、

「あー、ずっとエントリーがありませんねぇ・・・」

「ここはエントリー出来そうですが、僕はしません。なぜなら、、、」

なんていう、1つもエントリーのない動画配信を希望します。そういう動画のほうが、あ、ここはエントリーしないんだ!とかの確認も出来ますし、

なにより実際はエントリーしない時間の方が多いわけですから、例えば1週間ぐらいどの通貨もエントリーしないぐらいのときの動画は、待つというチカラをたくさん与えてくれそうな気がします♫

いかに無駄なエントリーをしないかという配信
不人気かもですが、お待ちしておりますね。

 

質問回答

 

これはちょっと動画配信としては厳しいかもです…

 

輝 2018の動画内で言ったことですが、相場というものは、基本的に好き勝手トレードしている人が動かしているものであり、基本的にはどっちに動くかなんてわからないものなんです。

ほぼ99%(それ以上かな)の場面でわけのわからない動きをしていて、

狙えるポイントたいうのは、全体の1%にも満たない・・・

 

そのため、エントリーするには明確な理由が必要ですが、エントリーしないことに対しては、ちょっとでも理由を言うのはおかしなことなんです。

エントリーしないことが、本来当たり前のことですからですね。

狙ったポイント、または自分の形以外はさらっと流す! が正解です。

 

なんにでも理由つけたり、いろんな場面で悩んだりする人はルール自体がブレブレの人ですから・・・

 

でも、

待つことの重要性をわかっていただいているみたいなので、うれしいですね。

トレーダーは待つのが仕事ですから。

 

今回の動画もFT2を使っていますから、すぐにエントリーできていましたけど、リアルトレードだったらかなりの時間待っています。

あれは4時間足なので、一本ロウソク足が確定するまで4時間かかってますからね。

一回エントリーするのに、1週間どころじゃない時間かかってますよ。

 

とうことで、今回は以上です。

ってな感じで、質問も受け付けておりますので、なにかありましたらご質問ください。

 

個別でも返信はしておりますが、

まとめて、回答させていただく場合もありますので、回答するまで何日間かお待ちいただく場合もございます。

あせらず、ゆっくりお待ちいただけたら嬉しいです。

 

 

  
 
Pocket