レビュー紹介+質問回答 トレールについて

Pocket

レビュー紹介プラス質問回答

 

今回もまたまた素晴らしいレビューと質問をいただきましたので、

レビューの紹介と質問回答をさせたいただきたいと思います。

 

 輝のレビュー

お世話になります。
FXに出会ってかれこれ3年、数万円のツール商材に勝率90%の謳い文句で手を出したり(実際の勝率は20%ほど)、30万円の高額塾に手を出して身につかなかったり、はたまたBOのツールにも2回も手を出し、全て勝てず…ほかのネットビジネスもやっては失敗、総額200万円以上を失い、まさに失われた3年を過ごしてきました。

 

もがき苦しむ中、ネット上のFX商材に再び希望がないか探す日々…そしてスキャルピング商材に心を奪われそうになっていた矢先、FX教材の評判で軒並み高評価の教材を発見!半信半疑ながらも、購入者様の声に信ぴょう性を感じ、スキャル教材を切り捨てて購入したのが、ぷーさん先生の「輝」でした。

実は、購入後2か月ほど、プロトレーダーの思考さえ手に入ればいいと解釈し、内容は視聴したものの、相変わらず負け続けているシグナルツールで取引していました。

しかし、100万円のデモ口座を、リベンジトレードであっという間に1万7千円にしてしまったことで目が覚め、手法、考え方の全てをぷーさん式で絞り込もう、と痛感。既に5回以上視聴していたため、毎日動画を視聴してはデモ取引をし、トレードノートをつけています。

正直、シンプルと言われて買ってしまったシグナルツールよりはるかにシンプルですし、マルチタイムフレーム分析がベースの裁量手法よりも、確実にチャンスを捉えることができています。

そして一番驚いたのは、負けること自体はあっても、シグナルツールのようにアラートでエントリーしなきゃと余計に思ってポジポジ病発症となることもなくなりましたし、事前に◎のチャンスを絞り込んで、OCO注文で落ち着いて仕込み、結果を待つスタイルなので、”搾りかす”を掴むことが必然的になくなり、負けて頭にきてロットを上げリベンジして大敗という悪循環から、ようやく抜け出せたことです。

今は深夜残業が多い仕事でトレードできる時間が極めて限られているため、15分足ではなく5分足を使用することも多いのですが、それでも勝率は劇的に上がり、勝つ喜びを日々実感しています。

この手法にたどりつくのにとてつもない時間がかかったのが悔やまれますが、これからは前を向いて、悪徳商材で失った金額を取り戻し、豊かになりたいです。ありがとうございました。

 

質問トレールについて…

 

先生は、トレール(エントリー後逆指値を建値付近まで動かし損失がでないようにすること)を否定される趣旨のご発言を、動画内でされていました。一方、これまで私が購入した商材は、皆トレールを肯定しており、私の思考もそちらの影響を受けてきました。ですので、私の理解を以下に記しますので、それに間違いがないか、もし間違いがあったらどういう所なのか、教えていただければ幸いです。

以下私の認識です。

先生は、動画内で繰り返し、勝ち負けではなく、一つ一つのエントリーに優位性があったか、ルール通りにできたか、◎の場面だったかにとことんこだわれ、同じ負けでも正しい負けもあるということをおっしゃっています。優位性ある取引を、正しい資金管理のもと行えばちゃんと利益は増えていくことも、証明してくださっています。正しく取引をした結果負けたなら、それを受け入れるのもプロだから、トレールはプロ意識に立った行動ではない。だから好ましくない。

以上、質問と私なりの認識を記しました。たくさんのレビューや質問が届いてお忙しいとは存じますが、もしよろしければ、お返事いただけると嬉しく思います。
お読みいただきありがとうございました。

 

 

 ここからが質問回答

 

この質問回答は非常に単純です。

 

そのために、まずはトレードの基本から解説させてください。

 

トレードで必須な2つの条件

 

エントリーしても良い優位性のある場面とは、
2つの条件が必須になります。

その条件とは、

そこが伸びやすいところである、


ということと

ポジションが守られやすいところである、


ということです。

優位性のある素晴らしいポイントでエントリーしたとしても、
ストップを建値に移動した途端に、ポジションは守られづらくなり、優位性が一瞬にして消えます。

 

負けはなくなりますが、それ以上に勝てる可能性を奪ってしまうからです。

負け以上に勝てる可能性を奪う=勝てなくなる

 

という単純な図式が成り立ちます。

すなわち、プロとしてやっていけないので、そんなことやっていてはダメということです。

理論的な理由があるんですな。

 

本来なら利確できたところが、バシバシと建値決済になります… 守られづらいところにストップを置いてしまっているのだから当然のことです。

そして、順行も一切しなかった場合はもちろん損切りになるのはいうまでもありません。

 

ろくに勝てなくなるのに対して、損切りはちゃんとやってくる

ということです。

 

私が今現在からそのヘンテコルールを実践しなくてはいけない!となったら、トレードパフォーマンスは一気に下がり、負け組へと転落するでしょう。

 

自らわざわざ重いハンデを背負ってしまうということです

なんとバカらしい。

 

『せっかく一旦出た利益を失いたくない…』
だからプラマイゼロのところにストップを移動する。

まさに負け組の思考そのものです。

一旦出た利益ってなんですか?
それって利益とは言いません。

 

輝本編の《第7章の一子相伝トレードの極意》で言ったことですが、

まさに〝見苦しいトレード〟

ですね。

 

すべてのトレードでうまくいくわけないのですから、負けるときはキッチリと負けてください。

それ以上に勝てればなんの問題もないのですから。

 

プロトレーダーになるには、多くの人に差をつけ、特別な人間にならないといけないのに、そんな負け組思考な人が勝ち組になれるわけがありませんよね。

ですので、基本をしっかりと学習し、勝ち組の思考へと脳を移行させることが非常に重要なのです。

『ストップを建値に移動しても俺は余裕で勝てるよー』
とか、
『トレードなんて簡単だ』

なんて言う人もいるのでしょうが、それは間違いなく偽物でしょう。

 

トレードの難しさを知らない=トレードのことを知らない


ということは間違いありません。

 

トレードというものは、利益を出すことが非常に難しいものであり、ちょっとでも非効率なことをやってしまえば、勝てなくなります。

これからFXトレードで利益を上げ続けたいのであれば、それだけ大変なことに挑戦しようとしている、ということだけは忘れないでいただきたいです。

 

関連記事

  魅力あふれる希少で特別な人間になろう

 

 

というわけで、今回は終わりにしようと思います。

ではでは、(^_^)ノ

 

人気ブログランキング 応援クリックお願いします


為替・FXランキング

 

輝のレビュー募集中!

レビュー採用者には30分足&15分足の上昇転換トレードを収録した動画をプレゼントさせていただいております。

レビュー送付先アドレス

puusanak@yahoo.co.jp

 

そんな感じで今日はここまで。

 

 

輝を特典付きでご購入するなら

 

  • ぷーさん式 チャートの声を聞く、トレード戦略マスター講座 光~ひかり~
光~ひかり~案内ページへ

 

</

 

Pocket