チュートリアル徳井義実さんの税金問題について

Pocket

チュートリアル徳井さんの税金問題がかなり話題になってますね。

驚きだったのは無申告を繰り返していたことです…

なかなかのことですよ、これは。

無申告が2年続いたところで3年目に申告して一気に払うということを繰り返ししていたみたいです…

すごい…

 

ルーズな性格

 

徳井さん本人が言っていたことですが、『ルーズな性格』という表現が1番当てはまるのではないでしょうか。

無申告で通るわけがありませんので、ただめんどくさいから後回しにしていたということでしょう。

税金というものは少し遅れただけで延滞金がバンバン取られていきますので、税務署からしたらそれはそれでヨシとしていたのではないでしょうかね。
わざわざ多く払ってくれるわけですから儲けもんです。

『また遅れてるけど延滞金を払ってもらうからいいや』という感じでしょう。

脱税とは全然違います。

 

税務署はある程度泳がせます

 

税務署というところは少しでも多くの税金をとることが仕事ですから、ある程度は泳がせるんですよ。

例えば脱税行為を発見したとしても、すぐには指摘をしにきたりはしません。

すぐに指摘をしてしまうと、後々に取れるはずの追徴課税やら延滞金が減ってしまうからです。

ですので、わざとある程度泳がせておいて、申告漏れの金額が沢山溜まってから、踏み込んでくるわけです。

なので、例えばFXやらで大金を稼いだりしたときに、確定申告しないで放っておいてもすぐには税務署は来ませんよ。

『俺のところには税務署の指摘がきてないから確定申告なんてしなくても大丈夫だよ〜』なんてバカなことを言う人もいますが、それはただ泳がされているだけで、税務署が気づいていないというわけではありません。

ただ多く取れる時を待っているだけです。

現金商売とかは利益をちょろまかしやすいですが、かなり儲かっているのにもかかわらず、少なく申告をしてしまうとすぐに税務署に目をつけられてしまいますので、ご用心といったところでしょうか。

たこ焼き屋さんの無申告も問題になりましたよね。

 

完璧な脱税方法はない…

 

みんなやることは一緒ですので、単純に思いつくようなことは税務署にはすべて見透かされております。

国税は税金をとるスペシャリストですから、もうあらゆる脱税の方法を過去に経験して、対策をしてきているんです。

画期的な脱税方法を思いついた!とか思っても、必ず誰かがすでに過去やっている方法ですので、脱税というのは絶対にうまくいかないものです…

ですので、素直に払ってしまうのが賢い方法となります。

 

せっかく法人化しているのに節税しない…

 

徳井さんは自ら法人を作ったものの、法人のメリットである節税対策すらほとんどやっていなかったみたいですね…税務署としては嬉しい限りでしょう。

完全に正当な節税すらめんどくさくてやらない人が、それよりさらにめんどくさい脱税なんてするわけありません。

脱税するなら、そもそも売り上げを隠す行為をするとかになるので、隠す作業がものすごくめんどくさいことになります。(私は脱税したことありません…)

吉本からの報酬を裏でもらって売上金として記載しないとかですね。

これだったらかなりの悪質な行為で完全に脱税になりますが、ニュースを見た限りではそのようなことがないみたいですので、全然悪質とは思えないのですが、世間のバッシングはかなりヒドいものですよね。

みんな、ものすごく勘違いしていると思います。

多くの人は会社が勝手に確定申告してくれますので、納税の仕組みなどをよくわかっていないのでしょう。

徳井さんのやったことは脱税ではありません。

めんどくさがりだった、そして知識不足だった。
ただそれだけですね。

 

申告漏れについて

 

申告漏れについては、これまた絶対にあることです。

というより、申告漏れを指摘するのは税務署の欠かせない仕事みたいなもので、取れる可能性が少しでもあることはとりあえず指摘しとけ!というのがおきまりなんです。

真っ当なことを経費として使っていたとしても、取れる可能性があるから指摘してくるというわけです。

徳井さんの申告漏れ問題については、衣装の問題ですね。これは本来経費として認められてもいいと思います。

TVに出るために普段は着ないような高い服とかも買うでしょうから経費として認められて当然だと思いますからね。

少なくとも半分くらいは認めてもらって然るべきだと思いますので、食い下がれば半分は経費にできたはずです。

私的な旅行についても芸を磨くためとか、話題作りをするためとかで十分経費として認められてもいいと思います。

全額は無理かもしれませんが、これまた半分を経費にすることは問題ないのではないでしょうか。

家に引きこもっていても、芸人としての引き出しが少なくなってしまいますから、何かしらの体験をしにいく旅行も仕事をこなしていく上で大切なことです。

旅行に行った話をTVでしていたとしたら、証拠も残りますので完璧ですね。

 

半分は経費に、と折衷案を出せば意外と丸く収まる

 

経費になるかならないかで困った時は半分は経費半分は自腹、というば結構丸ーく収まるようですよ。

おそらく徳井さんの性格上、税務署のいいなりになって言われるがままになってしまい、すべて自腹で払うはめになってしまったのでしょう。

かわいそうに。

税金を先送りにした結果、追徴課税やら延滞金やらをしっかり払って禊は済んでいると思いますし、そんなに責められなきゃいけないことなのかなぁと思ってしまったのが今回の徳井さんの税金問題に関する率直な私の感想です。

そもそも、徳井さんは世間一般の人よりも多大なる額の税金を納めて貢献していますしねー。

やはり、大衆は芸能人のスキャンダルとかにかさになって批判するのが好きなんだなぁと思いました。

しかし、徳井さんは物凄く才能豊かな人ですし、知名度もあるかたですからこれからの活動で必ず成功していくかただと思いますので、まったく心配いらないでしょうね。

今後 TVにでることはなくなったとしても、TVに出ていたときよりも稼いでまっせー、ということになると思います。

ですので、今後の徳井さんは要チェックですね。

 

徳井さんには税金よりももっと深刻な問題がありました!

 

ただひとつだけ大きな問題があると思いました。

それは徳井さんが作った会社の法人名です。

 

『株式会社チューリップ』

 

 

ダサい!めっちゃダサいです。
やばすぎるネーミングセンスです…

どのような経緯や意味をこめてこの会社名にしたのかは不明ですが、この会社名はヤバすぎます。

超一流芸人が付けたとは思えません…

こんな隠れたところでしくじっていたのですね。

 

私は今回の無申告問題よりも、こちらのほうが大問題だと思いました…

 

 

 

人気ブログランキング 応援クリックお願いします


為替・FXランキング

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村

 

 

火花~ひばな~のレビュー募集中!

レビュー採用者には輝と火花を組み合わせたトレード方法の講義動画をプレゼントさせていただいております。

レビュー送付先アドレス

puusanak@yahoo.co.jp

Pocket