プレバト 俳句の査定&頭をしぼる

Pocket

プレバト俳句の査定

自宅で夕食をとる時は必ずテレビがついており、強制的にテレビを観なくてはいけない環境です。

大抵はつまらないとか、くだらねーとか思い、スマホをいじりながら観ておりますが、

夕食時にやっているテレビ番組で唯一楽しみにしている番組があります。

それは『プレバト』です。

 

その中でも俳句の査定がおもしろいですね。

夏井いつきという先生が毎回俳句のお題を出し、芸能人が作った俳句を採点し、添削をするという感じの構成になっております。

その採点は100点満点で
70点以上が才能アリ、40点未満は才能ナシ、それ以外は凡人となります。
結構辛い採点で80点以上とかはあんまり見たことがないですね。

まぁ、プロと比べてしまうと、いきなり芸能人が詠んだ俳句なんて70点ちょいくらいが最高のラインなのでしょう。

特待生というものもあり、何回か番組にでて、いい成績を出していくと特待生になれます。

それは点数ではなく、昇格・現状維持・降格のどれかになります。
私個人としては特待生の俳句も点数を付けて欲しいと思うのですが。

 

俳句の基本

この番組を見始めてから1年くらいですかね。

最初は俳句なんてよくわからなかったのですが、この1年間でいい俳句と悪い俳句の違いはなんとなくわかるようになってきました。

俳句は上五・中七・下五の構成になっており、全部で17音、

もちろん字余りや字足らずになってしまっても構わないのですが、できる限りは5・7・5の17音に収めたほうがいいわけです。

上五の字余りはかなり許容されるみたいですね。

俳句は基本的にはその17音しかないため、不要な言葉を入れてしまうと絶対にダメです。
あと、説明口調になるのもダメですな。

俳句独特の表現方法というのも必要になってきます。

 

不要な言葉はダメ

例えばこんな感じ

お題は『東京から見た富士山』

初稽古ふと見た窓に白き富士

窓は見るものですから、ふと見たというワードがいらないわけですな。

夏井先生はこのように添削しました。

初稽古の息や窓なる白き富士

不要な言葉が削られ、一気に俳句っぽくなりました。

一気にふたつ紹介します。

添削前
雛人形辛い時でも笑ってる
  添削後
辛き日もしずかに笑みて雛人形

添削前
夢担ぎ派手な浴衣に負けぬ笹
  添削後
夢担ぐ浴衣の緋色笹の青
 
これは説明になっているからダメ。
俳句らしい表現に変えなくてはいけません。

 

教える人によって癖が出る

俳句も採点する人によって個人差があり夏井先生の採点や添削もクセがあります。

ですので、この番組では俳句を学んでいるわけですが、そのなかで夏井流という俳句の流派を学んでいるといっていいでしょう。

たまにへんな添削もしたりしますからね…

特に夏井先生は繰り返し同じ言葉を使ったり韻を踏んだりするのが好きみたいです。

俳句は余計な言葉を入れたら大体ダメなのですが、夏井先生が良いって言えば良いわけです。笑

これぞ夏井流!

私がわかる限りで夏井先生のクセがでた添削を紹介させていただきます。

 

癖が強いんじゃ~、とツッコみたくなる夏井先生の添削…

  添削前
筆を手に迷ったあげくお年玉
  添削後
書き初め何書こうお年玉と書こう

  添削前
あじしゃいと孫が指差す線路沿い
  添削後
あじしゃいと指差す紫陽花の線路

  添削前
春うらら大仏さんもるるるるる
  添削後
春るるる大仏さんもるるるるる

  添削前
虹の門根元を探し出づるかな
  添削後
いざ旅に出ん虹の根を探す旅

  添削前
重なりて父母の面影秋の月
  添削後
父母の面影白し月白し

まだあったはずですが、探すのがめんどくさいのでここまで…

 
特にコレ、
書き初め何書こうお年玉と書こう
なんて、何がいいのかさっぱりわかりません。

添削前の
筆を手に迷ったあげくお年玉
のほうが五七五になってるし、全然良いと思っちゃうのですが…
季語はありませんけど。(お年玉は季語ではありません)

ちょっと俳句の勉強なんかもちょっとこれからしてみますかね。

 

俳句とFX&投資と共通することとは?

長々と俳句のことを書いてきましたが、俳句も投資と重なるところがたくさんあります。

それは大衆になってはダメだということです。

誰もが考えつくことだったり、誰もができる表現方法をしては一流にはなれません。

その人しか詠めないものに仕上げなくてはいけないということです。

お題があったら発想を飛ばしてみたり、伝えたいことは単純なことなんだけど他の人にはできない表現方法で伝えてみたり。

もちろんそれは一朝一夕で出来ることではありませんが、トライ&エラーを繰り返して磨いていくものだと思います。

それは投資や俳句以外でもすべての物事に共通していることですから。

もともと特別なオンリーワンとか言っている場合ではなく、周りと差をつける意識を持って生きていかないと大衆に埋もれる人生になってしまいます。

 

天才じゃなくてもいい、脳に汗をかく

私は決して天才ではありませんが、頭を使うということは常日頃から心がけております。
ない頭をしぼっているということです。

ここは多くの人と差をつけている部分かなと自分では思っております。

頭が良い悪いなんてそんなことは個人差があるので、そんなことはどうでもいいと思っているのですが、頭を使わないというのは大問題です。

頭を使わない人は行動も、もちろんしませんね。

頭が良い悪いとかでバカにしたりは決してしませんが、頭を使わない人は容赦なく徹底的にバカにさせていただきます。

時間の無駄なので攻撃などはしませんが、そういう人に出くわすと、この人どうしようもないなぁ…と心の中では思ってます。

ちょっと考えればわかることや、ちょっと調べればわかること、ちょっと行動すれば解決する問題まで人に投げてしまう人が本当に多いと思いますよ。

それではいけません。

こういうかたは私の教材の購入者にはほぼおりませんが(年に1人・2人くらいはいる…)、周囲でそういう人はよく見かけてしまいます。

人間に生まれ、大きくて立派な脳が頭に詰まっているわけですから、使わなくてどうするの?っていう話です。

頭を使い考え行動した結果ダメだった、というのならそれはなんの問題もありませんが、

頭は使わない、行動もしないでは成長なんてするはずもありませんから、なんの魅力もない人間のまま一生が終わってしまいます。

頭を使い、他の人にはできない発想をして、大衆と差をつけましょう。

人生は人それぞれオンリーワンの作品を作る場所です。
大衆に埋もれている場合ではありません。

これにはゴールはありませんから私自身も生涯、意識し続けていかなくてはいけないと思っております。

 

というわけで、今回は終わりにします。

 

 

気ブログランキング 応援クリックお願いします


為替・FXランキング

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 

 

特典付きで火花を購入するならこちらをクリック

上のリンクからご購入いただきますと、特典動画をプレゼントさせていただきます。

申し込みリンククリック後、注文画面に

ぷーさんからの特典動画
画像101-200枚 後半戦+33枚延長戦 133枚使ってトレード解説
と記載されていることを必ずご確認ください。

 

輝を特典付きでご購入するなら

上のリンクからご購入いただきますと、特典動画をプレゼントさせていただきます。

申し込みリンククリック後、注文画面に

ぷーさんからの特典動画 輝2018version 延長戦
と記載されていることを必ずご確認ください。

申し込みリンククリック後特典が表示されない場合は以下のメールアドレスまで連絡してください。

puusanak@yahoo.co.jp

 

それではよろしくお願いします。

 

 

火花~ひばな~のレビュー募集中!

レビュー採用者には輝と火花を組み合わせたトレード方法の講義動画をプレゼントさせていただいております。

レビュー送付先アドレス

puusanak@yahoo.co.jp

 

火花のその他の質問回答へ

輝の質問回答へ

おすすめ記事へ

 

Pocket