効果抜群 ぷーさん式禁煙セラピー

Pocket

禁煙する方法

 

実は煙草を止めるなんて非常に簡単なのですよ。

高くて、あんな健康にも悪くて、人に迷惑はかかるは世間からは迫害されるはの毒なんていますぐ止めてしまいましょう。

でも結局止めるか止めないかを決断するのは、喫煙者本人です。

やめたくなったらやめればいいですし、吸うことを正当化できて、これからもタバコを吸っていくというのなら止めもしません。

いくらタバコが体には悪いからとか、人に迷惑がかかるかをここでまくしたてて並べてみても、大体の喫煙者は聞く耳すらもたないので、今回はちょっと他とは違うアプローチで攻めていきたいと思います。

たばこを止めないなんてバカじゃないの?とかいってしまうと、なおさら反発してやめなくなるかたも多いでしょうから、タバコを止めないという選択肢も残しつつ語っていきたいと思います。

 

喫煙者への世間からの白い目…

 

 

喫煙者が迫害されるようになったのはいつ頃なのでしょうね?

15年くらい前からでしょうか。

ここまで叩かれると私が指摘するまでもなく、喫煙者のかたは周りからの冷たい視線などを感じていることでしょうけど、それ以上に世間は喫煙者に対して白い目でみているといって間違いありません。

簡単に言うと喫煙者が思っている以上に、非喫煙者からおもいっきり嫌われているということです。

でもまぁ、しかし大体の喫煙者はそんなことを聞いてもへこたれませんよね。

『いくら値上がりしようが、なんだろうがタバコは絶対にやめない!』

とか、なぜかそんな価値のないところで自信満々に言い切る喫煙者を数多くみかけております。

その決意の固さをなぜ禁煙することや、もっといいことに活かさないか、甚だ疑問に思う今日この頃でございます。

 

喫煙者へ加速するさらなる迫害

 

 

たばこの価格はどんどん上がり、喫煙スペースもいたるところから撤去され、分煙の店が増え、さらに全面禁煙の店もどんどん増えていきましたよね。

それに伴い、喫煙者はどんどん迫害されるようになっていきました。

禁煙する人が増え、禁煙派が大多数を占め、喫煙者へのバッシングが強まったのでしょう。

女性からみる男性の好きな仕草に「タバコを吸っているとき」なんていうのが昔流行りましたが、そんなことをいう女性はすでに絶滅危惧種と化してしまいました…

喫煙者は、すでに多くの女性から忌み嫌われる存在です。

女性もバカじゃありませんので、今後を共にする人を選ぶときに自分や自分の子供に毒をまき散らすような人は選ばないでしょう…

もちろんこれは男女逆も然りです。

 

喫煙者は非喫煙者の気持ちがわからない…

 

わたしも昔ほんのちょっとの期間吸ってましたが、すぐ止めました。

吸っていたからわかるのですが、吸っているときは吸っていない人の気持ちがわからないものです。

今考えたらかなりの迷惑行為をしていたなぁ、と思います。

ここではっきり言わせていただくと、タバコはめちゃめちゃ迷惑なので今すぐにでも止めることをおすすめします。

その方法はものすごく簡単です。

 

好きなまま別れてはいけない…

 

これはダイエットで言っていたこととまったく同じことですが、好きなまま止めていては禁煙を成功させることは非常に難しいミッションになってしまいます。

煙草が恋しい、吸いたいのに我慢する…では一生我慢し続けなければならないので、ストレスがかかりまくります。

そんなに人間という我慢を続けられる生き物ではありません。

我慢して我慢して我慢しまくって、結果禁煙は失敗するというオチにたどり着きます。

散々我慢してそうなってしまっては、ただ単にストレスかけまくった挙句、我慢をできなかった自分を嫌いになり、自己嫌悪となるでしょう。

いいことはひとつもありません。

嫌いになって止めるのが一番です。

恋愛と同じです、好きなまま別れてもまたすぐに会いたくなってしまいます。

嫌いになって別れれば、痛くもかゆくもありません。

嫌いになったら、もう二度と顔も見たくないでしょうから、たばこもそのようにやめればいいわけです。

 

タバコはカルト宗教の洗脳と同じ

 

言葉は悪いですが、たばこを吸っていること自体がカルト宗教に洗脳されているのと同じです。

世間様から見れば、馬鹿なことやってらー…と思われながらも、洗脳されている人たちは世の中の否定には一切傾けず、わけのわからない意見を繰り出し正当化してくるわけですから。

その洗脳を解くのは非常に簡単にです。

 

たばこを簡単に止められる理由

 

喫煙者の洗脳はこうです。

  • タバコを吸わないと落ち着かない
  • タバコがないと生きていけない
  • タバコ税を払っているのだから、多く税金を払っているのでエラい

 

これらのことを挙げて止めない人は本当に頭がどうかしちゃってるのかな?と思ってしまいます。

もし喫煙者がこれを見ていたとしても、これらの理由で喫煙を正当化していないことを祈ります。

まったくもって、知能がある意見とは思えないですから。

タバコを吸っていない人、もしくはタバコを止めた人達は落ち着いていないし、人として生けていけていないと思っているのですしょうか?

私はタバコを吸っていませんが、いつも落ち着いています。

 

たばこ税を払っているのも全然エラくありませんよ。

タバコみたいな有害なもので、自らの体を壊し、医療費を使いまくっている喫煙者が続出しているのですから…

自分の体だけならまだしも、周囲の人間を巻き込み病気にして、医療費を使わせていることも多々あるかと思います。

事実、喫煙者がタバコ税を払っているより、国が負担する喫煙者にかかる医療費のほうが断然多いのだそうです。

非常に困った人達です。

 

タバコの中毒性はかなり低い

 

タバコの中毒性はその他の薬物(覚醒剤・ヘロイン・コカイン・シンナー・その他の危険薬物)よりも、かなり中毒性が低いというのが特徴です。

中毒症状も実は、ほとんどありません。

じゃあなぜタバコを止めるのが難しいかというと、日課になってしまっているからです。

日課というものは崩すのは難しいんですよ。

あとは、口が寂しいとか、ちょっとした休憩に一服したいとか、中毒症状からくる喫煙ではありません。

ただなんとなく吸いたいからということと、日課だから吸ってしまっているだけです。

止めた後に軽ーい中毒症状は出ますが、それを乗り切れば、あとは口のもの寂しさや、ただなんとなく吸うのをやめるだけです。

簡単ですね。

 

タバコの最大の弊害

 

まぁ、弊害を挙げたらキリがないくらいあるのですが、ここでは1番の弊害を挙げたいと思います。

それは落ち着きのない自分を作り出し、すべての物事を心底楽しめない、ということです。

どこかに出掛けたら喫煙するスペース探しが始まる…
おいしいもの食べてても、喫煙するタイミングを伺う…

これでは、友人やら恋人との楽しい時間が台無しです。

タバコがないと落ち着かないというのは完全なる間違いで、落ち着かない自分を作り出しているのがタバコなんですよ。

私はタバコを吸っていませんが、タバコを吸っている人よりも年中落ち着いています。
むしろ、おだやかで有名です…

おいしい食事をしている最中や、楽しい旅行とかに行っているときも、もちろん落ち着いております。

それらの楽しい時間を最大限満喫できるのはタバコを吸っていないからですね。

ニコチン中毒であれば、おいしいものを食べている最中でもタバコを吸うことに頭が移り、旅行中でも飛行機の中ではずっと落ち着きがなく、観光中でも喫煙スペース探しの旅となります。

自分が楽しめないのはもちろん、そんな人は周りからもウザがられるのは言うまでもありません。

 

タバコを吸うメリットを最大限力説してみてください

 

喫煙者はタバコを吸うメリットをデメリットを上回る説明をできるでしょうか?

自分よがりの説明はできるでしょうけど、多くの人を納得させるのは不可能でしょう。

それはトムクルーズでもミッションインポッシブルです。

論理的に喫煙するメリットをプレゼンして、非喫煙者の人を納得させ、吸わせるように出来たらミッションコンプリートです。

トム・クルーズ越えおめでとうございます…

 

禁煙の決意、おめでとうございます

 

これからも喫煙を続けたいかたは、この記事で挙げた様々なデメリットと向かい合って生きていかなければならないということは必ず覚悟しておいてください。

しかし、止める決断ができた場合は、おめでとうございますと心から祝福させていただきます。

経済的にも楽になり、落ち着きのない自分とはサヨナラをし、たった一度しかない人生を今より健康的に過ごせるようになり、周りにも一切迷惑をかけなくなるわけですから。

人生において時間や健康というものはものすごく貴重な財産です。

それを日常でも奪われ、病気になる確率をグンっと上げて、寝たきりになる確率や死亡率を上げてしまうのは、この上ない愚かな行為です。

自分のため、という理由で止められないのであれば、大切な人のために止めてあげるのはいかがでしょうか?

きっと喜んでくれると思いますよ。

 

 

人気ブログランキング 応援クリックお願いします


為替・FXランキング

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村

 

 

 

Pocket