起業思考と身分制度

Pocket

働く=雇われる?

なんで多くの人は働くと言ったら雇われることを想像してしまうのでしょうか?

しかもやりたいことではない仕事に就く事が多い。




やはりこれまでの学校の教育などが原因なのでしょう。



たしかに、雇われるのであれば開業資金もいらないし、マイナスになることはなく、給料は安定してもらえますからリスクは少ないですが。



雇われるということは覚えるという作業が何より大事で、独自の発想とかはそこまで必要とはされません。(会社によりますが・・)


基本的には会社というものは、その会社のシステムに従ってほしいわけですから、むしろ独自の発想なんかは邪魔になるケースが多いでしょう。



これでは思考は停止してしまいます。




しかし、自分で開業したら、そうはいきません。



売れるような工夫をしなくてはいけないし、

経費を抑えるような工夫をしなくてはいけないし、

同業者と差をつけるような工夫をしなくてはいけないし、

USPと言われる自社の強みなんかも作らなくてはいけないし、



と、

思考を停止したら、

とても生き残っていけません。





こりゃーもう、最高の脳トレですよ。

茂木先生も大喜び。

 

最高の脳トレは起業





学校の教育と言うものは多くのイエスマンを作る施設であり、起業するとかは以ての外で、独自の考えを排除する傾向にあります。

 

 

多数派=正解の世の中…





学校は多くの人の意見が正解であるという多数派の意見を重んじているところがありましたよね。



少数派の意見がいつもないがしろにされてきました。



多数派にならないとあなたは協調性がないと言われます。これでは独自の考えなどは隠して生きるしかありません。



ですので、学校というものはイエスマン製造工場であり、どこかの企業の歯車になると言う訓練をしていると私は思っています。




なので、起業すると言う考えに至る人は少数派なのでしょう。

 

しかし、

さすがに国民の全員が全員起業思考ではさすがに世の中は成り立たないですから、

会社の思惑通りに働いてくれるイエスマンは必ず必要なので、いてもらわないと困るのは付け加えておきます。





今は少し頑張れば誰でも何にだってなれる時代です。



昔は日本も士農工商という身分制度があり、なれるものは決まっている時代がありました。

 

江戸時代の士農工商という身分制度

 





しかし、今はそういうものは一切ありません。



でもまぁ、生まれで良い会社に入れたりとかそういう事は現在もあるにはありますが、

努力して、賢く生きれば誰だって何にでもなれる時代です。





インドの方ではカースト制度という身分制度がありますね。

 

インドのカースト制度

 

 

ピラミッドの形状で身分制度を表してますが、トレードの世界もこれと似たような感じの状態になっていると思います。(それはまた今後の配信で書いていきたいです)





今現在はまぁ昔よりは都市部の方ではマシになっていると言えますが、現在もこの制度は生きているようです。

特にアウトカーストと呼ばれる人の扱いはひどいものみたいですね。





ですので、何にだってなれるとは言えませんが、

昔にはなかったものにはなれる

と言うことが昔とは異なる点です。

 

昔にはなかった職業に就けるようになったインドの人たち





身分の低い人にとって、チャンスがあるのは、身分制度を作った時にはなかった職業です。



その職業に就くということが目標ですね。



昔にはなくて、今現在は欠かせないものといえば?





はい、そうです。



インターネットです。



インドの方では計算に強い人が多く、またパソコンに強い人が多いみたいですね。





昔はIT企業と言うものがありませんでした。

IT企業に勤めることは身分にかかわらず誰にだってなれるのです。



現在、Googleとかのトップにはインドの人が多いみたいですね。



これは素晴らしいことだと思います。



あたりまえですが、能力さえあれば身分が低い人だって正当な評価を受ければ大成功することを証明しました。





前に魅力溢れる特別な人間になろうという記事

を書きましたが、なかなかそういう人は現れないというのが現状です。



しかし、そういった特別な人間になれる人は本来多数存在しているはずです



ですが、

芽が出ずに終わってしまう人が多いのではないでしょうか。



身分制度のあるところで低い身分の人の如く、

有能な人間がその能力を発揮することなく、



芽の出ないまま雇われの身で終わってしまっているという悲しい現実が世の中にはたくさんあると思います。

 

 

能力はあるものの、その能力を活かせる場所にいない人たちはたくさんいるはず…







能力のない人やしょうもない人が雇われの身でぱっとしないまま人生を終えるのはしょうがないとは思いますが、(失礼)

魅力あふれる特別な人間になれる可能性がある人が、ぱっとしない人生を送ってしまっているのは本当にもったいないです。



本来の実力であれば、GoogleのCEOにだってなれる才能があるのにもかかわらず、

へっぽこな教育で育ち、雇われの身になり、

鳴かず飛ばずの人生で終了・・・



悲しいことです。

 

ちなみに今現在の GoogleのCEOはインド系アメリカ人のサンダー・ピチャイ氏というかたです。




 

やっぱり、運は大事



これは運ではないでしょうか。



人との出会いとか親の教育とか良い先生良い友人、良い先輩・後輩などと運の良い出会いがあった人は必ず芽が出ると思います。



出会えるべきタイミングで、良い出会いをする。

これは確実に運ですね。



私には運があり、様々ないい出会いがありましたが、多くの人がいい出会いというものに恵まれずに終わってしまいます。





まずは、なんでもいいですから自分で興味のあることに夢中になって学んでみてはいかがでしょうか。



行動しないことには運も何も無く、可能性すらないのですから。

その流れでいい出会いがあるといいですね。





私もまだまだ人生の修行の身で、伸びしろもたっぷりなので、がんばって成長していきたいと思います。

そして、まだまだいい出会いが出来ると思っております。

 

 

人気ブログランキング 応援クリックお願いします


為替・FXランキング

 

輝のレビュー募集中!

レビュー採用者には30分足&15分足の上昇転換トレードを収録した動画をプレゼントさせていただいております。

レビュー送付先アドレス

puusanak@yahoo.co.jp

 

そんな感じで今日はここまで。

 

 

煌のご参加お待ちしております。

トレードスクール煌~きらめき~の案内へ

 

輝を特典付きでご購入するなら

 

  • ぷーさん式 チャートの声を聞く、トレード戦略マスター講座 光~ひかり~
ぷーさん式 光案内ページへ

 

Pocket